新音源調達とノラとと完走記念。1曲書きました。

概要

自宅にArturia社のV-Collection 6が届いてから初となる楽曲制作です。リミックスだけど。
前回のネ!コ!ではAlphaやSytrusでなんとかしようという状況でしたが、EurosawをJUPITER-8Vで製作できるようになりご満悦。(プリセットは見つからなかったので、手探りで作ってる感じですが)
今月でご長寿のシリーズ、SUPER EUROBEATもVOL.250という大きな節目を迎えるそうで、それのリリース前に書き上げることができて良かったと思います。気持ちの問題です


楽曲自体は、キックがはっきりしている05年以降の3Bユーロと、哀愁系と4拍目にZap音を入れることに定評のある99年ごろのTIMEユーロのいいところを取ろうとした。
ユーロリフは、95年頃のユーロビートで使われてそうなのを作った。Jupiter-8を2つ重ねしています。
ベース音はProphet、そこに裏打ちのJupiter-8で作ったSawを2つ重ね。
他、イントロはメロディにDX7、ストリングス音にFarfisaを使うなどし、完全に音源買った人特有の思春期のサカリ状態。


DX7-Vを紹介している人の動画を見ていると、MIDIキーボードで各要素をコントロールしながら音を鳴らしている方が多かったので僕も真似したいですねという気持ちになりました。
むしろ往年の名機だからこその醍醐味っぽく感じた。近々MIDIキーボードを買いたい。
同社で揃えるならKeylabを買っておきたいけどレビューが不安要素しかないので唸っている


ノラとと

ユウキ

ユウキ

ノラとと、人間界の知識0のパトリシアが、人間と命の魔導書と触れ合ううちに感情豊かになって、素敵な告白をするのに感動しました。
まさかルーシア姉やユウラシアにまで手を出すとは予想外でしたが……
ミチパイもヘタレなりにコクハクしていく様を見るのが楽しかったし、シャチパイはほんわかしたし、ユウキに関しては癒し系ボイスCDだしでぬかりのないゲームで良かった。ギャグとシリアスの調和が心地よい。余裕があればぜひ2も楽しみたいところです。


Routehachi

Bibouroku desu